« 廻る季節。 | トップページ | 初夏の農繁期。 »

2017年5月21日 (日)

プチ家出。

今年も全国的に暑いようです。
まだ5月なのに、すでにもう暑いし。
風薫る5月ってよりは、日差しギラギラ5月よね。
あーーー、やだっ。

でもまだ朝晩はぐっと涼しくて過ごしやすいからいいよね。

そんな5月ももう後半。
事件が起こりました。

ジジさんが二日帰ってこなかった。
朝出かけてその日姿を見ることはなく、次の日も姿がない。
お山に公民館にとその姿を探しまわりました。
夜になっても帰ってこない。
夜のお山はイロイロなヨツアシに遭遇しそうで怖いので、息子に付き合わせようとも思いましたが。
なにせジジさん。
息子がいるとわかるとますます隠れてしまうし。( ̄▽ ̄)

眠れぬ夜を過ごしました。

二日目の早朝。
何度も同じ場所を探したんだけど、やはりもう一度探してみよう。

その場所ってのが、大工さんちの倉庫。
ジジさんの場合、ここしか思いつかない。

誰もいない倉庫の周りをちょっと小さめの声で何度も名前呼びながらうろつく。

すると。
私は聞き逃さなかった!

「ちりり」

あれは絶対にジジさんの鈴の音!

だがしかし。
呼べど叫べど返事はしない。
おばかめ。

仕方ないので大工さんが出勤してくる頃再び倉庫前に。
そして大工さんの許可を得て倉庫内捜索。

いましたよ。
倉庫のいっちばん奥。
材木がどっさりと積み上げられてるその隙間。

私の顔を確認すると、ようやく「にゃぁ」
それからは「にゃあにゃんにゃああぅ」

声に反応しなさいよっ、っとにもう。

大工さんの気配がすると出てこないので、大工さんがいなくなってからようやく出てきた。

きっと倉庫のシャッターが開け閉めされるたびに奥へ奥へと逃げてったんでしょうね。
臆病者のジジさん。
これにこりてよそんちの倉庫には入り込まないようにね。

なんて説教しながらしっかり抱きしめて帰りました。
ほんのり鋸屑の香りがしてた。(* ̄ー ̄*)

ほっとしたのも三日ほど。
また帰ってこない・・・。
なんで?

今度は違う倉庫。

Dsc_0209

むこうに写りこんでるあの倉庫。
一番こっち側の窓辺に座って鳴いてましたよ。
私をすぐに見つけたらしい。
まあかわいい。
でもおばか。(-_-X)

再び大工さんの許可を得て・・以下同文。

人見知りする子って大変ね。
でも学習しなさいよ。

Dsc_0164

ジ) アタシは悪くない。

そうね。
おばかなだけね。(≧m≦)

« 廻る季節。 | トップページ | 初夏の農繁期。 »

コメント

それは心配でしたね〜。
猫って声じゃなく顔で認識してるみたい。
少なくともうちでは実証済みです(笑)。
ジジちゃん、およそに潜り込むのはやめようね〜。

心配するよね〰😭
無事に帰って良かったけどジジさん!
かーさんに心配かけたら、め❗️ですよ。

もうもう心臓に悪いヮ〜〜〜。虫の報せか、ネットでEndre Penobac の黒猫さんの水彩画を見てて ジジさんに似てるなぁなんて思って覗いてみたら( ̄O ̄;)
もうお母さんに心配かけちゃダメだよ!でっかい鈴に変える?

☆ atsukoさん。
もうね、泣きそうな顔して探してました。
だから見つけた時にはかなーり悪態たれてましたよ。
ジジさんは普通でもお返事はしないの。
用のある時だけ鳴いて知らせるタイプです。( ̄▽ ̄)

お猫様って足音でも認識してるない?

☆みいにゃんさん。
ジジさんは食いしん坊なので、基本夜は必ず帰ってくるの。
どうかしちゃたんじゃないかってかなり心配しました。
大工さんが倉庫開けたままで出かけてる隙に入り込んだんだと思う。
それにしてもまたすぐに別の倉庫に入り込むあたり、やっぱ、ジジさんだわ。(*≧m≦*)
でもあれ以来、ちゃんと毎晩帰宅しています。(笑)

☆tillerrudderさん。
足が棒になるくらいご近所歩き回りました。
ご近所の人が、まだ見つからん?って声かけてくれるほど。
お返事してくれれば最初の日の夜にでも倉庫から救出してやれたのにね。
ジジさんはお返事断固拒否派。
自分のご用のある時だけ執拗に鳴きます。
特にご飯の時ね。(≧m≦)

昨日シェルターにいた2ヶ月のしろさばさんがウチの子になりました。コエレと名付けました。お転婆さんです。カミカミ真っ最中。私の足を登りたがるのでデニム以外は履けず、初日にして手足はもうキズだらけ、でも疲れると私や夫の膝でスヤスヤ。どんな子に成長するかとっても楽しみです。

☆tillerrudderさん。
んまぁーーーーーーーーっっっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
新人さんお迎えしたんですねっ。
うれしいいいいいいいいっ。
しろさばの女の子なのね。
かわいい盛りなのね。
コエレさんってお名前には何か意味があるのかしら?
ふふふふふ、あちこち傷だらけになりながらもニマニマしてる顔が目に浮かびます。
貴重な仔猫時代を満喫してくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 廻る季節。 | トップページ | 初夏の農繁期。 »